『楽しいHP製作』では、初めての方も楽しんでホームページ製作ができるよう様々な情報をお届けしています。

楽しいHP製作

ホームページのしくみ

ホームページとはなんでしょうか?

Webサイトと呼ばれるインターネット上のひとまとまりのWebページのことをホームページいいます。 いま、日本ではWebサイトと同じ意味で使われるようになりましたが、もともとはWebサイトの入り口のページをホームページと呼んでいました。 ホームページを閲覧する場合には、IE(Internet Explorer)やNetscapeなどのWebブラウザでURLアドレスを指定します。URLアドレスを指定すると、Webブラウザがインターネット上のWebサーバーを探して、その希望のホームページが自分のコンピュータに表示されます。 wwwとは何かご存じですか? このWWWの発展で、インターネットはここまで発展したと言っても過言ではなりません。 WWWとは、World Wide Webの頭文字をとったものです。それは、「世界中に張り巡らされたくもの巣」という意味です。 もともとは、さまざまな種類のコンピュータ上で共有できるファイルシステムとして開発されたもので、現在私たちが一般的に「インターネット」と呼んでいるHTML文書に代表される仕組みです。 WWWは、HTML文書をはじめ、画像や音楽などのマルチメディアも広く公開することができるシステムとして、爆発的に普及しました。 現在では、WWWだけでは実現できない映像や音声の再生を補助するプログラムであるプラグインをブラウザに組み込むことにより、マルチメディア環境を実現できるようになりました。  ホームページの概要 ホームページの用法には現在でも揺れが見られますが、大きく分けて以下のように分類できます。
・ウェブブラウザを起動した時や、多くのブラウザに存在するホームボタンを押した時に表示されるウェブページ。本来の用法。
・ウェブサイトの入り口、最上位階層にあたるページ。
・ウェブページの意。あらゆるウェブページ一般を指す。
・ウェブサイト全体を指す意味として。
・さらに飛躍して、インターネットのシステムそのものの意。
・また、「ウェブサイト」と「ウェブページ」も若干意味が異なります。 ホームページの仕組み ブラウザでホームページを見るとウインドウの中に文字や画像がレイアウトされていますが、ホームページは、『HTML』という言語で作成されています。 HTMLの役割は、「文字列を太くしろ」「ここは箇条書き」「ここは表にして表示」といった命令を埋め込むことです。この「文字列を太くしろ」といった命令のことをタグといいます。そしてHTMLで書かれたファイルのことをHTMLファイルといい、ファイル名の最後に.htmまたは.htmlという拡張子がつきます。そのファイルを保存し、サーバにアップロードすることでホームページとして公開されます。 ブラウザは、HTMLファイルに書かれている命令を解釈し、ホームページとしてウインドウに表示しているのです。同じHTMLファイルでも、ブラウザによって命令の解釈のしかたが違うので、多少、見え方が違うこともあります。

Copyright(c)2008. 楽しいHP製作. All rights reserved.